不妊症の治療において比較的効果的と言われる漢方治療

infertility

妊娠する為の漢方薬

今の時代、10組に1組の夫婦が子供を授かることが出来ずに悩んでいると言われています。いわゆる不妊症と言われるものです。2年間、努力をしても授かれない場合に不妊症という診断が下されるのだと、私も以前に婦人科の医師から説明を受けたことがあります。医師に相談しながら、医師の指示に従っていれば、1年以内に妊娠する方もいらっしゃいますが、なかなか思うように子宝に恵まれない夫婦も多くある現代です。体内受精や体外受精などにチャレンジする夫婦もいらっしゃいますが、費用の面で諦めるざるを得ないカップルが多くいるのが現状でしょう。
ですが、まずは自分達でできることから始めるのが基本です。すぐに始められる漢方による体質改善を行い、身体のチカラを取り戻し、自然妊娠できる力、妊娠を継続する力を導き出していきましょう。 医師からは基礎体温をつけながらタイミング法を指導されることが多いですが、体質改善と同時に行うと効果的です。漢方は体質によって合うものが決まってきます。自分に合ったものを処方してもらうと良いでしょう。市販されている当帰芍薬散や温経湯、八味地黄丸などもオススメです。漢方は冷えを取り、血行を良くし、卵子のアンチエイジング効果も期待できます。 どうか不妊を解消し子供を望む方々に子宝が訪れますように。

当帰芍薬散を飲んでいたことがあります

私は病院に、薬を運ぶ卸会社に10年間勤めてきました。薬の事について色々勉強しましたが漢方薬は副作用が少なく長く飲み続けることのできる薬です。特に婦人科でよく注文がある漢方薬が当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味しょうよ散、です。
私も不妊症で処方されたことがある漢方薬なのですが、飲む前は月経の周期がバラバラでまたに不正出血もありどれが本当の月経かわからなかったのですが、当帰芍薬散を飲んでからはちゃんと1カ月周期で月経が来るようになりました。そして副作用も少なく、この漢方には他に顔色が悪い、貧血、めまい、立ちくらみ、月経量が少ない、月経困難といった症状用いられる漢方薬みたいです。
実際、婦人科によく持って行ってた漢方薬も当帰芍薬散です。私の中では漢方薬は血の巡りをよくして体の芯から強くするというイメージで体質を改善してくれるような気がします。別の薬で錠剤なのですが、不妊症で排卵誘発剤も、処方してもらっていたのですが、飲み続けると体の負担になることもあるらしいです。漢方薬は速効性はないのかもしれませんが、その分、副作用も少なく、体の元の部分を良くしていい体質にしてくれるものと私は思っているので、不妊症の人にも安心して飲めるよとは話しています。

漢方薬で不妊を乗り越える

不妊に悩む人にっては体にとっていいことになるのならば何でも挑戦したいという思いがあると思います。その選択肢の一つとして漢方薬という手があります。そもそも漢方薬治療とは西洋医学のように体の外や強い薬で病の原因に直接働きかけるようなものではなく、自然の生薬を使ってじっくり体の体質をいいものに改善して病を克服するといった治療になります。処方には医師の診察がいりますが薬局などでにも売られていて個人で自由に買えることから気軽に始めやすい事も魅力です。
そんな漢方薬ですが、不妊に直接効く漢方薬はありませんが、あくまでも体質を改善し女性としての体の機能を整える効果が期待できるものであれば沢山あります。運動不足や妊娠に大敵な冷えが原因で代謝が落ちている人には「温経湯」、血が足りなく貧血や生理不順が起こる人には「当帰芍薬散」、ホルモンバランスの乱れでイライラするなどのストレスがある人は「加味逍遥散」など様々です。似たような効果とだと感じるかもしれませんが漢方薬には個人の体質により効き目に強弱があるので、自分の体質と症状にあったものを摂取することが効果をあげるポイントです。
不妊に悩む方が体外受精など直接的な治療に取り組む前に、まず漢方薬で健康な体づくりをすることから始めてみるといいかもしれません。

東洋医学の漢方は不妊にも

不妊の原因と言うのは、決して一つではありません。幾つもの原因があり、またそれが絡み合って大きな原因になっていくものです。結婚して幸せいっぱいで、特に何の問題も無いはずなのに子供が出来ないと言う場合、勿論病院での検査や不妊治療も行っていく事でしょう。しかし、ここである原因に対して非常に効くのが、漢方です。 不妊の原因の内で、女性側のホルモンバランスの乱れなどがあった場合、身体の冷えが元でそう言ったトラブルが起きることがあります。冷えと言うのは厄介なもので、では厚着をすれば冷えないのかと言うと、決してそうでもないのです。冷えを感じる人の場合、どんなに厚いソックスを履いてもつま先が冷たいままだったり、いくら着るものを増やしても寒さを感じるものなのです。 もしこの冷えに心当たりがある場合は、漢方薬を試してはいかがでしょうか。漢方薬には身体のバランスを取って、体内から身体全体の流れを良くしていくと言う考え方があります。つまりは冷えに対しても、大きく効果があると言う事です。健康体を作っていくのが目的なので、対処療法では無いと言うのが心強い感じですね。こういう効能のある漢方薬です。夫婦そろって服用することで、不妊に別れを告げることが出来るのではないでしょうか。


不妊漢方で検索をしてみましょう!【二人目不妊.com】では、相談型の薬局で、不妊の悩みを漢方で解決できる提案をしてくれます!話を親身に聞いてくれるので、安心して不妊改善ができるのです!

WHAT'S NEW

2017年09月13日
漢方は体全体の機能回復が目的ですを更新しました。
2017年09月13日
中国漢方を使って不妊治療を更新しました。
2017年09月13日
漢方は不妊に効果があるのかを更新しました。
2017年09月13日
漢方による不妊治療を更新しました。