不妊症の治療において比較的効果的と言われる漢方治療

infertility

漢方は体全体の機能回復が目的です

仲の良さそうなカップル

なかなか子供が授からない・・赤ちゃんがほしい女性にとっては切実な問題です。不妊治療に漢方って効果ある?そんな疑問をもっているかとも多くいます。今回は不妊治療に対しての漢方の役割を紹介していきます。
まず不妊治療に漢方も用いるのは、妊娠しやすい体づくりを目的としています。妊娠しやすい体づくりに大切なのがホルモンバランスです。ホルモンバランスが崩れると、黄体機能不全といって排卵後の子宮を妊娠に適した状態に維持できない状態になったり、受精卵が着色しづらい状態になってしまいます。
また、冷え性も妊娠に大きな妨げになってしまします。冷え性によって血行が悪くなると、排卵が正常に行われないなどの支障を起こす場合もあります。
このような妊娠しづらい体の原因となっている崩れたホルモンバランスを正常に戻す効果や、冷え性の改善に漢方は効果を発揮してくれます。西洋医学では直接その症状に対しての治療を行いますが、東洋医学の漢方は体全体の機能回復を目的としています。
漢方は体内が本来持っている機能を正常に戻したり、体の血の巡りを良くして冷え性や貧血を改善したり、痩せすぎ太りすぎの体質改善をしたり、腸内環境を整えたりして妊娠しやすい体づくりに効果を発揮してくれます。

WHAT'S NEW

2017年09月13日
漢方は体全体の機能回復が目的ですを更新しました。
2017年09月13日
中国漢方を使って不妊治療を更新しました。
2017年09月13日
漢方は不妊に効果があるのかを更新しました。
2017年09月13日
漢方による不妊治療を更新しました。